pre{ white-space: pre; } .entry-content pre{ word-wrap: normal; }
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらコード

ぶらりオープンソースの旅

GitBook更新:その9:アプリ起動!

GitBookにコンテンツを追加。

その9:アプリ起動! · ぶらコード:maven

mavenのぶらコードは2/21から始めてるんだが、まだmavenには辿り着かず、未だにplexusの中。。。
あと少しで、たどり着けるかなぁ。

GitBook Editorを入れてみた。

今までは、何も考えずネット上で直接編集していたが、うまく動作しないことがあったため、編集したファイルのソースを確認したくなった。そこでとりあえずGUIツールである、GitBook Editorをインストールして使ってみた。
基本的には今までとほとんど変わらない操作感だった。

ただ、裏ではgit使ってローカルにファイルを落としてきてくれているので、コンソールから直接ファイルが参照できるので、ソースを確認するという目的も果たせた。

ところで、GitBookの日本語情報って少ないね。まだあんまり使っている人が少ないんだろうか。
結構良い感じのツールだと思うのだが。

GitBook更新:その8:設定ファイルを解析する(後編)

GitBookにコンテンツを追加。

したのだが、Publishしてもなぜかページが作成されない。編集モードでは存在するので、何かバグったか??

昨日ちょっとデバッグしたことが良かったのか、1日経ったからなのか、、、。とりあえずきちんとアクセスできるようになった。

https://kutami.gitbooks.io/maven/content/8.html

マーケティングのプランニングとか

今やっていることは、きちんとしたコンテンツに仕上げていき、サイトとかメルマガとか諸々の準備もしていって、ちゃんとしたビジネスに育てて行こうと思っている。
で、コンテンツは少しづつ作り始めているが、この後どのようにまとめていくかとか、コンテンツ展開とか、どのようにセールスしていくか、とかとか、マーケティングに関しても考えている。
で、そのあたりの教材とか読んだりして、マーケティングプランも考え中な日々で、おとといと昨日くらいは、そのお勉強にも時間を割いていた。ま、このお勉強はエンドレスなので、とにかく前に進みながらやっていこうと思う。

サラリーマンとしてやっている仕事も、新しい案件の担当になる気配もあるし、今のうちに進められるところは、どんどん進めていきたい。けど、プライベートでも色々あったりするもんだから、なかなか楽には進めさせてくださらんな。

GitBook更新:その7:設定ファイルを解析する

GitBookにコンテンツを追加。

その7:設定ファイルを解析する · ぶらコード:maven

GitBookの更新は1週間ぶりとなってしまった。が、この間何もしてなかった訳ではなく、Plexus Classworldsは大体読んだし、mavenの中も先回りしてみてきたのだ。だが、ぶらコード的には、Plexus Classworldsの全体の話を入れるとちょっと脱線しすぎてしまうので、別コンテンツ化が良さそうかな。

mavenのエントリポイントから先を読み始めた

Plexus側のコンテンツ化もまだ出来ていない状態だが、一足先にmavenの内部に侵入してきた。
Plexusのソースを読んでおいた経験が活かせる場面もあったが、Plexus ClassWorldsのレベル感とは比べ物にならないくらい、広大な世界が広がっている様子。
ま、あれだけ複雑なアプリケーションなんだから当然といえば、当然なのだが。
頼みのテストコードもあっさりしすぎてて、ほとんど頼りにならず。
ここは地道に読み込んで行くしかないっすね。あと、動的にも動かしてステップ実行しながら、手探りで進める感じだな。

この土日は、仕事があったり、家庭のトラブルがあったりと、ドタバタしていた二日間だった。
仕事の移動中とかに多少ソースを読んだりもできたが、コンテンツ作成の時間は取れず。そしてまた週明けを迎えるという、なんとも頑張り所な状況。。。

Plexus Classworldsはだいたい読み終えた

Plexus Classworldsはだいたい読み終えた。のだが、肝心のコンテンツ化ができていない。
今日はテストコードを全部読んだ。それによって何がしたいのかとか、Plexus Classworldsが何者なのかが、おおよそ掴めてきた。
が、Plexus Classworldsを使ってるのって、mavenくらい?
mavenのキックには確かに利用してるのだが、Plexus Classworldsの機能の一部しか使っていない。

GitBookで作っているぶらコードはPlexusがメインではなく、あくまでもmavenがメインなので、Plexus Classworldsに関してはさらっと流して先に進んでおくか。

Plexus Classworldsに関してはこれはこれで面白かったし、仕様書とかJavaDocとかほとんどないから、いっその事書いておくか。
と言っても日本語で、だけどね。